Naoki Nishimura

 

SENIMO代表デザイナー。美術大学でテキスタイルデザイン専攻、卒業後織物会社、自動車完成車メーカーでデザイナーを経験。SENIMOは2011年に開始したデザイン活動の屋号。

2015年クラウドファンディングを実施。

クラウドファンディングを通してできた仲間と2017年から4人で活動を開始。

デザイナーとしてオリジナルのテキスタイルを開発して生地や完成品としてSENIMOで販売している。

 

活動拠点:カフェギャラリーお針子(毎週水曜日)

製作基地:ソーイングスタジオao(所沢、不定期)

活動場所:所沢ノード(不定期)

販売場所:各委託販売先(SHOPページ参照)

     お土産ショップ夢馬(むーま)飯能

     イベント参加(お祭り、グループ展など不定期)

製作物:服飾雑貨

特長:オリジナルテキスタイルを元にしたプロダクト

織元:八王子

活動地域:埼玉県西部地区(飯能、入間、所沢、川越)

主な製品:3ポケットバッグ、メッセージベア、むーまバッグ

生地:ジャガード織り(綿100%)

柄:AIR PLANE、葉っぱ、アルファベット

色:ブルー、バーミリオン、グリーン、ブラウン

寄贈先:日本赤十字社埼玉県支部

 

 

SENIMOは幼馴染のイニシャルを続けて作った「仲間たち」という意味の造語です。「クリエイティブを通して社会に心の豊かさを」の理念のもと、2011年から活動を開始しました。心の豊かさとは誰もが幸せになる権利を持っている、何度もつまづいても、それに立ち向かい乗り越えて、幸せを実感しよう、楽しいと思える活動をして、みんなが幸せを実感できるようにしていこう、自分たちで新しいコミュニティーを作っていこう。その活動理念のもと、現在4人のメンバーで少しづつものづくりや販売活動を行っています。

STORY

代表者は企業でデザイナーをしていました。仕事も考え方も体調も2010年を境にそれまでとは、まるっきり変わり、2011年に開始した活動がSENIMOでした、ものづくりや販売、クラウドファンディングなどをへて、現在

4人のメンバーになりました。不定期で集まったり、イベントに参加、販売活動などをしています。


MISSION

幸せを実感できる事柄をつくること。ものづくりを通して、販売を通して、カフェやお店の運営を通して、ワークショップを通して、自分たち自身が幸せを実感できる活動をすること、自己実現していくこと、体調を整えていくことです。そしてその活動を通じて、周りの友達や仲間、少しでも人の役に立てるような活動をすること、自分たちの活動を通して、幸せを共有できる、場所や時間や事柄を創出していくことを目的にしています。


IDEA

クリエイティブを通して、社会に心の豊かさを。

CONCEPT

【TIES】

 

tie in to...

 

SENIMO tie in to...

 

社会、人、物、出来事、病、喜び、幸せ、心、豊かさ、、、

 

SENIMOを通して結びつけていきます。

 

 

facebook